手軽に生前整理をしよう【専門業者を選ぶポイントを紹介】

作業者

自分自身の最期

様々な理由により、昨今では生前整理を行う人が増えてきています。生前整理では、大まかに、自分の葬儀やお墓、そして遺産の使い道などを記した遺言書の準備などを行います。遺言書は無効になってしまうのを防ぐため、専門家のアドバイスを受けて作成した方が良いでしょう。

生前の身じまいは業者に

遺品整理士

片付けの負担を軽減

生前整理を考えているけれど、どこから手を付けていいかわからなかったり荷物が膨大すぎて今のところ実行できていない方もいるでしょう。そんな状況で無理に自分だけで生前整理を行うよりも、それ専門に請け負ってくれる業者の力を借りるようにするべきです。プロの生前整理業者は、いろんな現場で経験を積んでいるので作業の際に無駄がない働きをしてくれます。そのおかげで、生前整理の作業を滞らせることなく素早く終わらせることができるはずです。依頼人の中には施設にいったり別の場所に転居予定で、短期間に作業を終わらせたい方もいるでしょう。そんなタイムリミット付きの生前整理の際にも、効率よく作業してくれる業者は大きな助けになってくれます。また生前整理を業者に依頼することで得られるメリットは、荷物の整理や作業の早さだけではありません。不用品の仕分けや相続についての指針がはっきりするという部分でも、十分に利用する価値があるといえます。特に相続については、被相続人が存命中にはっきりとした意思表示をしておくことは大切です。そのことで遺産相続の争いを回避できるうえ、死後の面倒な手続きの手間も大幅に省けるでしょう。なんにせよ人が一生をかけて集めた資産や持ち物は、思っているより量も多く未練や執着も残りがちです。それに持ち続けた年月だけ思い入れも増えるし、価値もそれだけ上がっていくことが考えられるでしょう。これに対して冷静に判断してくれる第三者が介入することで、無駄に悩むことなく対処ができるようになります。この点だけみても、生前整理に専門の業者を利用するメリットは大きいといえるでしょう。

終活を専門家に依頼する

生前整理は、身の回り品などを整理して身軽になり、人生の終わりに向けての準備を整えることをいいます。家族への配慮という利他的な側面もあります。専門業者に依頼すれば、相談しながら整理を進めていくことができます。

自分の意志を残すために

自身が亡くなった後に残される家族の事も考えて、生前整理を行なうようにしましょう。遺品の整理や遺言を残す遺書の作成まで、専門の業者に依頼することによって問題なく作業を進めていくことができます。